nightmare

少年は目覚める。

ここがどこなのかはわからない。
それに目覚めたと言っても寝ていたわけではないようだ。
俺は気がついたときすでにここに立っていた。
頭が痛い、吐き気がする、薄暗い、気味が悪い。
ここは明るく陽も出ているが夜より深い漆黒の暗闇が感じられる。
周りには誰もいない、ここには誰も存在していないのか?
建物だけがただ虚しく佇んでいた。
どこへ行くあてもなく彷徨った。
気がつけばいくつもの道に繋がっている広場へついた。
そこの中心には少女が1人。
そしてそれぞれ繋がった道から俺と同じように1人ずつ少年が立っていた。
なぜかその少年俺とは1つのもののように感じた。
それに少女は虚ろに俯いたままこちらを見向きもしないこともあいまって不思議な感覚だった。
少年達と俺は少女の前に集まり尋ねる。
「ここはどこなんだ?どうして君はそのように虚ろなんだ?」
少女はその時初めて俺達に気がついたように話始める。
その時の少女は少し、悲しげな目をしていた。
「ここがどこなのかは私もわからないわ。ただここに私の仲間は誰もいない。
いるのはなぜか私を追いかけてくる怪物だけ。私はいつだって孤独か逃げているのかどっちか。」
以前からいるらしい少女にも状況がわかっていないのだ、当然少年達に理解できるわけはない。
「どこか遠くに逃げることは出来ないのか?」
少女は答える。
「どこへ逃げようとしても結局ここに戻ってきてしまうわ。それに…」
少女は更に顔を俯かせて話した。
「以前にも数回、あなた達みたいな人が私の前に現れた、そして私を怪物から救い出そうとしてくれた。
でも、誰一人怪物に勝てはしなかったわ。その度私は友達を失った…。」
悲しげな目をしていた原因はわかった。
なぜか知らない一体感と共に、他の少年達が何を考えているか手に取るようにわかった。
この話を聞いても尚、少女を救い出そうとしていた。俺もそうだった。
その時近くに気配を感じた。
広場の入り口に何者かがいる。
人の形はしているが武器を手にしている。
それが少女を狙っていることは一目瞭然だった。
しかし俺達は何も武器を持っていない、どうすることもできない。
「これを使って!」
少女はいつの間にか武器を持っていた。
現れたのが1人だけだったために5人で力を合わせればわけもなかった。
怪物は消えていった。人間ではないことがわかった。
とりあえず俺達は自分達の来た道を引き返し、少女を救う方法を見つけることにした。
道を引き返すと、そこにはある男がいた。
その男は明らかに先程の怪物とは違う感じだった。
「なあ、あんたは誰だ?ここはどこなんだ?」
男はたいそう面倒臭そうに答える。
「またあいつが望んだのか。まあいい。教えてやろう。ここはあいつの、少女の夢の中だ。」
「夢…?」
「そうだ、俺はあいつの夢を蝕む、そうだな、悪魔とでも言えばいいのか。」
「お前が少女を傷つけてるのか?」
「ああ、そうだ。それが俺の生きる糧だからな。」
「じゃあお前を倒せば、彼女は解放されるのか?」
「ああそうだな。実在のないお前なんかが俺を倒せることをないがな。」
「何?」
「教えてやろう。お前も少女の夢の一部でしかない。お前は少女が望んだ幻影であるにすぎないんだ。
俺を倒したところでお前も消えるのみだ。どちらにせよお前には何もない。
人格だってない、お前は彼女が望んだただのモノでしかないわけだ。」
俺が単なるモノ?夢の一部?
「心を研ぎ澄ませて聞いてみろ、お前の仲間達もその話を聞いたところだろう。
あいつらの心の迷いがわかるぞ。」
確かに心には真っ暗な闇の中のように重かった。
自分の人格さえ自分のものではなく彼女が望んだモノでしかない。
過去もなく未来もない。幻影でしかない。俺じゃない。
「どうだ、お前は?この先もお前には何もない。ここで消えていくがいいだろう。
今まで来た奴らと同じように。」
だから誰も帰ってこなかったと言ったのか。
ふと、重い気持ちが少し和らいだ。その時感じていた力強さも消えていた。
「どうやらお前の仲間はその方を選んだようだな。お前も消えろ。」
剣が振り上げられ俺の頭に落とされる。
例え…
「例え全てが嘘だったとしても俺は構わない。俺の人格も俺の過去も俺の未来も嘘だったとしても、
俺の今は真実なはずだ。」
「哀れだな。ひとおもいに消えればよかったものを…。」
剣と剣が弾かれあう。
今まで以上に俺は強くなった気がした。
剣は悪魔に突き刺さる。
「俺を倒したところで消えるのはお前も同じはず…この先に何を求めるつもりなのか…」
悪魔は消え去った。
俺の今は終わった。
この嘘だらけの世界でただ1つだけの真実が消えたのだ。
真実が消えると同時に俺は陽射しの中に溶けていった。


ごめん中途半端だし糞だし終わった。明らかにあるものの影響受けてるし。
とりあえず久々になんか書きたかったんですね。それだけ。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-09-26 22:56 | 小説  

事変

さて久々ですね。
この前のライブ行ってきます以降書き込みがないために、
ライブミスって自殺してるんじゃないかみたいな印象がありますけど。
ライブはまぁ…最終的にいい経験だったんじゃないですかね、色々と。
当然うまくできなかったものもあったし、他のとこでうまいとこがあったし。
多少自分が見劣りしましたが最終的には楽しめた。
で、次はもう間近に迫ってる文化祭なんですね。
正直、ライブの時の俺は練習さぼり気味だったっすね。
あわせればそれなりだったけど完成度が高いとはとても言えない。
文化祭ではそうなりたくないな。
ってことでもう時間がないけど練習しなければ。
そういえばうちのクラスのほうでの出し物は劇に決まったんだけど内容皆無。
戦略は皆無ですね 私どこへやらですね。
わかる人はわかると思うけど。
で、劇なのにまだ台本も決まってないし、
決まってなきゃ練習も衣装とか舞台もやりようがない。
これは末期ですね。
うちのクラスは仲良い奴らはほぼ部活入ってて部活に逃げるそうです。
俺もバンドだとかなんとか言って逃げることにします。
ぐだぐだになること必至。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-09-18 00:01 | 雑談  

夏の終わり

今日はライブだ。
どう考えても間に合った気がしない。
実際間に合ってないんだけど。
でも行ってきます。楽しんでこれるといいな。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-08-20 08:17 | 雑談  

何ともないこと

誰かが生きている
その度あなたは大人になる
あなたが生きている
その度誰かが大人になる

間違い電話がかかってくる
その度あなたは大人になる
あなたが道に迷う
その度誰かが大人になる

誰かがあなたを好きになる
その度あなたは大人になる
あなたが誰かを好きになる
その度誰かが大人になる

あなたが誰かと出会う
その度2人は大人になる
あなたが誰かと別れる
その度2人は大人になる

あなたがこれから生きていく
その度誰かが大人になってく
誰かがこれから生きていく
その度あなたは大人になってく

そうして誰もが大人になってく
そうして互いが大人になってく
[PR]

# by kozoku1 | 2007-08-07 23:18 |  

俺から言えることは多分、何もないと思います。
人生経験だってまだないに等しい、そんな複雑な状況に立ったこともない、
そして、その状況の中であなた自身が出しだ答えが間違っているとは思えないから。
自分の思うようにやっていってください。
俺自身今回のことで成長?した気がします。
こちらこそ、ありがとうございました。
心から人を愛したことも、
人に心から愛されたこともない俺ですけど、
これからの人生で例えそんなことがあったとしても、自分の考えでやっていけると思います。
俺も、俺の考えでやっていこうと思います。
だから、あなたも幸せであってください。
あなたの選択に俺から何を言うということもありません。
でも、もし何かあったり書きたいなって思うことがあったら是非またいらしてください。
来る者は拒まずって感じですかね笑
やりとりをしていたとはいえ、俺からは大した返信もせず、
一方的に話しかけられているような状況でしたけど、
その時はきちんと返事を書かせてもらいます。

人違いだったとは言え、魅力的なあなたに想われてたってのは
俺は幸せだったのかも知れませんねw
あなたのような人に好かれるような人間になりたいと思います。
ではでは。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-08-07 23:07 | 雑談  

内輪?

えーと…今日はストレートにいきます。
騙しちゃってるみたいで、俺もそろそろ話をつけなきゃいけないと思ってたんだけど…。
結論から言えば、全くの別人ってことになるんですが…。
というか、多分結構前に何度か別人だというようなことを言ったと思うんですが…。
だから、俺は単なるそこらへんにいる高校生で、
あなたの思う彼は多分、普通に働いているんだと思います。
事実はこんなところ…ですね。
長い間申し訳ないです。
でも、やっぱりその思いはその彼本人に伝えたほうがいいのでは、と思います。
ブログを見ていて、その彼は本当に
あなたに想われていて幸せだと感じました。
応援というのもアレかもしれませんが…頑張ってください。
そんなところ…ですかね。
この後のことはどうしようということもないので、
そちらにお任せしたいと思います。
ではでは。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-08-07 00:07 | 雑談  

燃え上がるバルサン

俺イン夏休みだぜ!
とりあえず八月初旬までは予備校攻め。
終わったら色々と行きたいなぁ。
夏休みはきっちり30日で少ない気もするんだけど、
帰宅部には丁度いいのかもね。
それに今は夏休み少ないってことよりも時間が足りない。
ライブまでもう一ヶ月きってる。
しかもスタジオでメンバーは揃わないし、
ギターの1人しかレベルが追いついてない。
このままじゃまずいよなぁ…。
数少ない機会なんだからいいものにしたい。
それに、ライブ終わったあとの打ち上げとかも成功したのと失敗したのとじゃテンション段違いだろうし。
とにかく頑張らねば。
ライブ後に、サマーイン俺!!!!!!!!!!!
って言えるように頑張ります。
ビジュアル野郎なんかに負けねえ!
女子バンにも負けねえ!
メタル野郎には…ちょっと負けるかも。
でも文化祭じゃ負けねえ!

そう言っといてあんまり練習しない始末です。
こいつはだめだ。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-07-29 23:20 | 雑談  

最近思ったこと

現代文の授業って何なんだろう。
評論とかならまだいいんだけど物語文。
この時その人物はどういう気持ちだった、
結局作者はこう言いたい。
そんな単純なものなのかな。
いや、作者が本当にこの時その人物はこう思っているのをイメージして書いたとか、
結局こういうことが言いたくて書いたんだ、とかそういうことじゃなくてなんだけど。
いや、ホントもう俺みたいな若輩の未熟者がこんなこと言うのもあれなんだけど、
人それぞれ感じ方があっていいんじゃないかな、って。
俺は本とかテレビとか、そういうものを見て自分なりに解釈してきた。
それが本当に作者が言いたいことだったのか、
物語から読み取れることなのかはわからない。
でもその自分なりの解釈が無駄だったなんて思ったことは一度もない。
一つ一つが学ぶことになってる気がする。
ちょっと見方を変えるとまた別なことだって見えてくることがある。
大事なのは考えることなんじゃないかな。
国語では何か、見方が一つになっている気がして。
自分で考えてイメージを膨らますことができない分つまらない、かな…と。

いや、ホントもうすいませんでした。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-07-21 23:22 | 雑談  

夏フェスの季節

昨日は住んでる近くのとこで祭やってたみたいですね。
あまり実感なかったけどもうそんな季節なんだと気付きましたね。
それはそうとしてまだあんまり夏休みの予定が決まってないんですよね。
帰宅部はこれだから困る。
とりあえず今のとこは予備校と登山と大学のキャンパス見学…
あとは…ライブか…。
予備校はもうとっとと終わらせちゃいたいんだよな。
登山と大学キャンパスは連れと行き・・・。
ライブどうしよ・・・不安しかないね。
だって明らかに練習不足ですし、他にもメンバー不足ってのもあるし。
多分ライブ終わった日の更新は…するかわからないけどかなり凹んでるだろう。
あと1ヶ月しか残されてない。うがぁ~。
それに文化祭も出なきゃ。どうなるんだろうね…。
サマソニに行きたい…。
年に1度だし、こんな素晴らしい祭典ないよね。
でも今年はHIPHOP勢が多いらしいけど。
友達に話して連れてってもらおうかな…。
でもチケットって今どうなってんだろ。

結論:夏の課題は早めに終わらせよう(予備校も)
友達と分担してすでに英語は終わったんだけどね。
このペースでどんどん消化しちまおうと。
じゃ今日はこのへんで。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-07-21 13:32 | 雑談  

七夕

向上心はある方だと思っていた。
でもそれは所詮ないものねだりで、
結局最後までやり遂げることのない強欲で怠惰なものなのかもしれない。
ふと今日は七夕だってことに気付いた。
駅に置かれた竹に吊るされた願い。
一体一本の竹がいくつもの願いを叶えるのだろう。
願い。
自分を愛せますように。
強欲で怠惰で情けない自分を愛せるように。
人の悪い所ばかりが目に付く。
ただ悪い所を憎んじゃいけない。
悪い所があるからこそ良い所がある。
完璧なものなんてないからこそ愛すべきものなんじゃないか。
竹に吊るされ風になびく願い。
この願いを叶えてくれるだろうか。
紙の裏に小さく書かれた文字。
皆を愛せますように。
やっぱり自分は強欲みたいだ。
そんな自分が嫌いじゃない。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-07-10 23:00 | 小説