小さなマーチング

今回も不合格だった。
昔からずっとそうだった。
僕は中学、高校、大学と受験した。
中学受験、確かに100%合格とはいかないまでも合格する可能性は大いにあった。
が、結果は不合格。
結局合格したのは公立とほぼ同じ程度の偏差値のところのみだった。
両親は落胆し、公立とそう変わらない私立でお金を使うことをアホらしいと考えたのだろう、
僕は結局公立の中学に通うことになった。
高校受験、中学受験の失敗から僕は両親から期待されなくなった。
それでも両親の期待に応えようと思ったのだろう、
その当時できるだけの努力をしたと思う。
だが第一志望の高校には受からなかった。
中学受験の時よりは大分ましな高校に受かったが僕の心は晴れず、
両親も合格を祝いながらも落胆はしただろう。
そして大学受験、僕は第一志望の大学以外行かないと決めた。
その決意を両親にも話し、両親は大いに喜び激励してくれた。
しかし結果は不合格だった。
あと数点というところでの不合格だった。
僕も両親も落胆は隠せなかったが、あと数点なら浪人すれば来年は、そう思った。
しかし翌年も数点足らず。結局3度受験し3度とも不合格だった。
僕は大学を諦め就職することにした。
両親は落胆しつつも渋々それを承諾してくれた。
そこで待っていたのはやはり厳しい現実のみだった。
ただでさえ高卒の僕を雇ってくれるところなど少ない。
第一選考で落ちるのが大半だった。
しかし今回は違った。
第一選考を乗り越え、面接でも面接官の印象は上々に思えた。
その分この不合格の重みは大きかった。
僕は今後を思い悩みながらファミレスに入った。
ブラックコーヒーを頼む。
こういう時は気持ち悪くなるぐらいの苦いコーヒーが丁度いい。
グラスのお冷に自分の顔が映る。
憂鬱な顔だ。覇気なんてものはない。
ふと水面に映る僕の顔が微笑んだ気がした。
同時に耳に音楽が聞こえてくる。
懐かしい感覚に襲われる。
小学校の頃に聞いた、吹奏楽のマーチングのような音楽だったからだ。
テーブル上に小さい、ピエロのような妖精のようなものが現れた。
ダンスを踊っている。
そうこうしてるうちに2人目が現れ、ダンスを踊っているうちに3人目、4人目と続く。
10人現れるとその小さな生物は輪になって踊っていた。
しばらくして、マーチングの音が小さくなっていく。
それにあわせるように踊り子達も動きを止めていく。
完全に音楽が聞こえなくなった時、踊り子達は一斉にお冷の中に飛び込み消えていった。
はっと我に返り周りを見渡す。
時間帯的にファミレス内はガラガラで誰かがこれを見ていたとも思えなかった。
何事もなかったかのようにコーヒーが運ばれてくる。
閑散としたテーブルにはお冷と、暖かいブラックコーヒーのみがあった。
僕は、ブラックコーヒーには目もくれず、お冷を一気飲みした。


意味がわからないかもしれないけど、これはこんなんで…。
急ぎ足になっちゃって雑かもしれない。
あと、an atomなんだけど、どうせなら本格的に書き上げてみようかな、と思った。
見直したらやっぱ強引なところが目立つ。それはこれから変えていこうかと。
完成したらアップするかもしれないね。
to get herにおいてはぐだぐだすぎてもう手の施しようがない。
最近全然案が浮かばなくて書いてなかったんだけど、
無性に書きたくなることがたまにあるから、その時はまた散文書きに来ます。
[PR]

# by kozoku1 | 2008-02-27 22:59 | 小説  

誰もが持ってる物差し定規

皆様お久しぶりです。
生きてます。
忙しくて更新できなかった、確かにそうだったんだけど、
まだまだ余裕があったな。
もっと自分を追い込まないと。
やりたいこと、やらなきゃいけないことが多すぎる。
急激に変わることなんてできないから、ちょっとずつ変わっていかなきゃ。
最後の試験があと1週間ほどでかな。
目標でも書いておこうかな、他に書くこともあんまりないし
数学:最低平均、いけたら平均10点上
英語:これも最低平均、平均点にもよるけど80点台目指す
国語:最低平均10点上、90点台目標。
化学:最低平均10点上、目標平均20点上
世界史:最低90点台、目標は100点とかふざけたことぬかしてみる
つーかこれ目標全部達成したら50位以内とかいう素晴らしい順位になりそう。
まあ新しい俺、デビュー!には充分だぜ。
そっから高2からは数学破棄して英語を学年一桁台まで押し上げる。
んで後は、高2になってからじゃないと詳しく練れないんだけども。
多分ほぼ平日毎日課外やら予備校やらドラム教室が入るから、
帰るのは9時ぐらいか。
で…こっからがシビアなんだけど朝早く学校行って勉強したいから10時には寝たいのだ。
そうすると1時間…飯食って風呂入ったらもうほぼ時間がない。
音楽聞いたり、理論勉強したり、ドラム練習したり、ジョギングとかもしたいと思うんだけどなあ。
よし、理論勉強は学校でやっちまおうって話で、
ドラム練習も軽音部で放課後練習できないか練ってみる。
音楽とジョギングは無理矢理ねじ込むしかないな。
I podとか持ってれば走りながら聞くとかもできたんだけどな。
つーか睡眠時間減らすしかないのかなあ。
10時に寝て5時に起きるつもりなんだがこの歳で7時間は睡眠時間多すぎ?
友達とか6時間で充分とかいう奴がいるんだがどうも7時間寝ないと眠くて眠くて…。
高2になってから微調整してくか…。
以上こんな感じ。
出来るかどうかはわからないけど夢はでっかく心は広く!
[PR]

# by kozoku1 | 2008-02-24 12:05 | 雑談  

何も待っていないより、何かが待っていたほうがいい

一応書き込んだからには報告はさせてもらおう。
んー、なんだろう。
多分そのまま書くとあまりにもそっけなく短く終わりそうだ。
とりあえず第一段階はクリアしたってことで。
限りなく第一段階だな。
逆にこうなると後にも退けないし何が待ち受けてるのかもわからない。
この先には不安しかなさそうだな。
だが、それがいい。
負け戦こそ楽しいとは思わないか?
やれるだけのことをして終わるなら結構。
何にせよ後悔はしてない。
俺はやっと一歩を踏み出せたわけで。
その事実だけで充分。
その日からの俺、自分がそんな嫌いじゃないよ。
前からプラス思考だから自分が嫌いってわけじゃなかったんだけどね。
今ちょっとしかメールできてないけど、それでも楽しい。
直接話したいってのは否めないけどね。
それもそのうち会う機会があれば話しかけたいし。
これから多分忙しくなるんだ。
すぐ逃げちまう俺だけど、頑張ろうと思う。
やらなきゃいけないことは多いな。
でも充分だ。今の俺には。
何もかもうまくいくって信じてるよ。
このポジティブさを誰かにおすそ分けしたいぐらいだなw
それではまた会う日まで。

>>へうぃー
明けましておめでとう、って遅いか(´・ω・`)
へうぃーのそのコメントでいきなり戦場に突き放された感覚で後にはひけなかったよ笑
でもそれがプラスになったんだろう…とは思う。
感謝するぜよ。
[PR]

# by kozoku1 | 2008-01-26 18:34 | 雑談  

幸せについて本気だして考えてみた

じゃなくて冷静に考えてみたら。
昨日のあれを暴露する意味がわかんねーよな。
まあ編集するのも面倒だし消さないけれども。
やっぱり昨日は感傷的になりすぎたかな。

それで今日髪切ってきた。
笑えるぐらい終わった。
もうだめだ軽く引き篭もりたい。
誰だよあの子に話しかけるなんて言ったの。
もうこんなんじゃ話しかけられるの疑問が多すぎる。
あーあーあー…。
時間がないのにな。
まさかこんなトラップがあるとは思わなかった。
厭、それでも行くしかないんだよね。

結論:あ~りのままの自分を愛さなきゃ、人を愛することさ~えで~きるわけがない♪
落ちるとこまで落ちたら帰ってきます。
[PR]

# by kozoku1 | 2008-01-14 20:06 | 雑談  

過去と未来

遅くなったけれど明けましておめでとうございます。
年末年始は別としても今までのうち時間はあったんだけど
更新する気になれなかったかもなあ、ネタもないし。
なんか今久々に感傷的な気分です。
そんな中で思った今年の抱負。
どんな辛いことがあっても笑っていたい。
楽しいことばかりじゃないはず、でも笑っていたい。
そんな魅力的な人になりたい。

あと、もっと自分に自信を持ちたい?というかチキンではいたくない。
俺は気付くのが遅すぎた。
今気付くことができたんだから後悔はしていないけれど、もう高1も終わりそうだ。
ずっと長い間、中3から思ってたはずなのにな。
今までそれについて考えてこなかった。
ずっとそのままでいいと思ってたのかな。
多分、行く勇気がなかったのと、ただ自分を磨いてればきっと何かしらあるって信じてたんだろうな。
でも結局、自分を磨きだして少しはましになったかなっていうのは高1になってからだった。
結局中3の頃の俺は夢見るばかりで努力もしなかった。
行く勇気どころか自分を磨く勇気もなかったのかもしれないな。
あー、なんかもう回りくどくてめんどくさいな。
知り合いが見てる可能性が多分にあるけど、そんなことどうでもいい。
今僕にはとても好きな人がいます。今までの話はそういうことです。
長い片思いだよ、我ながら馬鹿らしいと思うほどに。
今更ながら焦ってる。
俺が決意したとたんぱっといけるような男ならそうでもなかっただろう。
俺は決意した途端すぐに行けなかった、今も行けてない。
ただ、もうほんと極端な話。馬鹿げた青春の話なんだけどね。
痛感してるのが、話しかけなきゃいられないってぐらい好きなんだよ。
もう、いい加減いこうと思う。
高1にもなってこのぐらいのことで愚痴愚痴と、こんな女々しい俺は捨てよう。
チキンな俺も。俺はただ俺が望む俺であればいい。
どんな結末でもいい。終わりがないことの苦痛程のものはないだろう。
俺は、生まれてから多分かっこいいと言われたこともないと思う。
それに何か1つのことに熱中してそれを長年続けられたものもない。
ホントガキ臭くて、必死に大人になろうとしてる子供。
何でも中途半端にすごしてきたよ、のらりくらりと。
ただそんな俺でも、覚悟くらいはできるはずだ。男なんだからさ。
こういう時ぐらいでいいんだ、恐れずに進んでいきたい。
それが俺の望む俺なんだからさ…。
[PR]

# by kozoku1 | 2008-01-14 08:40 | 雑談  

最近気付いた

俺はとんでもないへタレです。
おいおい、もう今年も終わるってのに何やってんだ。
目標が
クリスマス→年内に移行し尚且つ年内にも危ういってどんだけでしょうね。
話は変わり、クリスマスパーティーとか何かあるそうです。
ただその日はM1がやる日。
笑いに生きたい僕としてはどちらも捨てがたいわけです。
今年一年、変化の年だったのかなあ。
でももっと変わりたいな。
もっともっと。
思いっきり変わって、疲れたらまた戻ればいいさ。
3月にも何かイベントがある。
正直時間ないな。
毎日が師走。
毎日散文。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-12-20 23:37 | 雑談  

俺は勝負に…

どうもこんにちは。
試験前!です。
そろそろ学校の勉強も難しくなってきたようで、
多少の危機感が。
っていうか周りが皆ガリガリしてて、ぐだぐだなままだとやられる。
そして試験を乗り越えたら…クリスマスですね。
まだ先はわからないけれど、
試験が終わったら色んなものに勝負してみようと思っております。
見てる人が見てる人なので具体的には言わないんですが。
ただ結果報告ぐらいはするよん。
どうなるんだろうね。俺は。
でもどちらにしても俺は成長できる気がする。
待つのにはもう飽きたんです。
漢は攻めろ!
漢は散れ!
武士道とは死ぬことと見つけたり。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-12-01 15:46 | 雑談  

先は長いようで短い

どうもこんばんは、僕は元気です。
知人にチャドスミスを越えろとか言われました。
そんなまだ初めて1年も経ってない奴が抜かしちゃったら、
世界中にチャドスミスが大勢いることでしょう。
でもうまくなりたいとは思うのです。
スタジオ行ったりドラム教室行ったりして生のドラムを叩く度楽しいと感じます。
先生から教わってうまくなっていく時、楽しいです。
スタジオ行って皆と合わせてその後軽く遊びに行ったりして、面白いです。
それに何より、かっこいいでしょう?
そんな気持ちがある限りやめることはないでしょう。
経歴だけ長い、みたいなのにはならないようにしたいですけど。

さてさて、もうちょい?でクリスマスですね。
もうすでにデパートやらなんやらがクリスマス色になってきつつあります。
今年も男連中とつるむことになるのかな。
んー、寂しき我が青春。
だが、それがいい。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-11-04 23:37 | 雑談  

そして打ち上げ

楽しみなような、微妙なような。
ん~どうでしょう。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-10-14 10:02 | 雑談  

今年は終わって来年はいなくなる

文化祭も終わったのでライブのことでも書きましょうか。
結論的に言えば成功といえるもんじゃなかったです。
宣伝を一切してなかったせいもあって客も少なく、
やる気も半減で、演奏自体はそう失敗とは言えなかったものの終わったあとの脱力感は激しかったです。
ただ文化祭のライブ全般で言えばかなりためになったんじゃないかと思います。
俺なんかよりうまい人はそりゃあいっぱいいるわけで。
それに時間の組み立て方とか。
最大なのは、自分も客として立って盛り上がって楽しめたことですね。
皆うまい人ばっかだしパフォーマンスだってしっかりしてて。
本気で楽しめました、これほどまでに興奮したことはなかったですね。
それに自分達でステージ作って機材を業者の人から受け取って、
照明を交代交代でやって片付けをして、
大変だったけど後悔はないしむしろ楽しいとさえ感じた。
来年は俺達が主体になってライブの経費を考えたり、
装飾を考えたりと計画を立てることになると思います。
1年に1度、今回失敗した俺達はあと2回しかなくて少ないと感じました。
でも1年に1度だからこそあそこまで盛り上れるということもあると感じましたね。
高3の人、色々お世話になりました。今年で最後のライブですが、終わったあとの皆さんはとても清清しい感じでした。もう卒業ですが、その後もぜひライブを見に来てください。
高2の人、今回主体になってライブを計画してくれたおかげでこんな素晴らしいライブが出来たと思います。本当にお疲れ様でした、来年の俺達の計画を楽しみにしててください。
高1の人、あんまり準備とか手伝ってくれなかった人もいたけど必死に頑張ってくれた人もいて。本当にお疲れ様でした。来年もよろしく。
諸先生、業者の人、こんな素晴らしいライブができたこと、とても感謝しています。
本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

本当に楽しかった文化祭、感謝すべき人も沢山。
本当にお疲れ様でした。
[PR]

# by kozoku1 | 2007-10-07 20:14 | 雑談