<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

Guard for everybody

200○年。東京某所パーティー会場。

大分この仕事も板についてきた。
ただこの仕事につまらなさを感じている。今回も駄目なようだ。
ただ見回るだけの地味な仕事だ。楽ではあるのだが。
まだ1週間程度だが、事件もないし、これからも起こるとは思えない。
今日も何事もなく疲れて帰るだろう。
「おい、何かパーティー会場のほうが騒がしくないか?」
気がつけば警備員暦の長いベテランの先輩が話しかけてきていた。
「ん?そうですか?それじゃあ少し見て来ます。」
どうせ他愛もない喧嘩なのだ。
どうしてこう金持ちは喧嘩ばかりなのか、そう思う。
ちょっとしたことで喧嘩を起こし、俺を疲れさせてくれる。
給料とは別に、チップでももらいたい気分だ。
どうせ金は有り余ってるんだろう。少しぐらい警備員に向けて欲しいものだ。
ドアを開けて入る俺に、向けられたのは札束ではなかった。
「動くな!」
向けられたのは、銃口。
おいおい、日本に銃なんてあったか?
そいつは30台後半あたり、細くてたよりなさそうな男だった。
ドアを開けたまま固まる俺を見て、異変を感じ取ったベテラン先輩が勢い良く駆けてくる。
ドアを勢い良く開け、撃たれた。
その場に倒れこむ。俺は見ているだけだ。
犯人は銃が本物だということを思い知らせたからか、少しにやついた。
「おい、そこのお前もこっちに来い」
犯人は人質を中央に集めた。
そこには同じ警備員仲間もいた。
「おい、このパーティーのゲストの飛鳥正造はどこだ」
「あの…それが…今日は遅れているようでしてまだ…」
びくびくしながら20代あたりの女が答える。
「くそっ…」
どうやら相当な恨みがあるらしい。
その飛鳥なんとかが黙って撃たれてくれれば、俺達に被害はないのかも知れない。
しかしそんな考えを裏切るように、メガホンの声が聞こえる。
「犯人に告ぐ!もうここは包囲されている。おとなしく自首しろ!」
「くそっ!誰が通報しやがった!お前か!」
「ち、違います!」
「もう誰でもいい。道連れにしてやるよっ!」
今にも銃を人質に向けようとした時、何か物音がした。
「おう、お前ら警備員か。人のために命を投げ出すとは、けなげなことだなあ。」
馬鹿か?今この場で警備員も糞もない。
全員等しく人質だ。何で人質のために人質が犠牲にならなきゃいけないんだ。
更には赤の他人の犠牲に。
俺の後ろで立ち上がった仲間に、俺は呆れた。
「何か言い残すことはないのか?」
愉快そうに犯人は言う。
「俺は別に死にたくないわけじゃない。むしろ死にたい。だから早く撃ってくれ」
おいおい、自殺志願者か?更に俺は呆れるのみだ。
「俺は人のために死にたい。だから…」
おいおい、今度は根っからの善人か。
「つまらない人生だったし、こんな派手な死に方ならいいかなって思うんだ」
最後は人生ゲーム感覚野郎か…。
警備員ってこんなのばっかりなのか?
犯人も少しひきながら
「お望み通り、殺してやるよ」
引き金を引く。人の倒れる音が3度響く。悲鳴と共に。
「次は誰かな」
その時、俺の中の何かと何かがつながった。
俺は、いつの間にか立っていた。
「お前もさっきの警備員と同じか。ご苦労さん」
銃声が重く響き。人の倒れる音。
自分が倒れてるとは思えない程、小さい音だった。


警備員殉職。惨劇に立ち向かった勇者達!
新聞で強調されたタイトル。
パーティー会場事件の死者は警備員4人。
銃声を聞き強行突破を試みた警察に犯人は見事逮捕された、との内容。
我ながらくだらないことで命を捨てちまったな。ま、それもいいか。


ハワイに行く前に少しだけ(´・ω・`)。
もうぐだぐだですね。出来は最悪。意味がわからない。
あんまり練らないで作ったものなので勘弁を…。
ああ…。
[PR]

by kozoku1 | 2006-06-25 00:22 | 小説  

水陸両用生物(要は両生類)

光が降り注ぐ。
陽の当たる土は温かかった。
当たり前だけど影の土は冷たかった。
歩けばわかる。
知ってるかな?昼ごろは狭い範囲だけど陽の当たる土はとても熱くなること。
知ってるかな?夕方ごろは広い範囲で陽の当たる土は心地いい温度になること。
それに、土と水は違うこと。
水はゆっくりと温度が上がっていくこと。
ゆっくり僕を温めてくれること。
そろそろ時間かな。
水の奥深くで、寝ようかな。



のほほん(´・ω・`)結局何が言いたいのか全くわからなかったりね。
でもたまにはこんなのでもいいんじゃないかと。
[PR]

by kozoku1 | 2006-06-19 21:24 | 小説  

スクラン

思うと、これです。
浪漫飛行→恋愛モノ書きたい→長編になる→書けない書けない書けない
どうしたらいいだろうか…。
なんか最近このブログがぼやき日記になってきている気がする。
[PR]

by kozoku1 | 2006-06-10 23:30 | 雑談  

浪漫飛行

浪漫飛行のフラッシュにはまりました。
高速版とかそういうのでなく感動版なやつです。
詳しくはここへ
浪漫飛行
あー。こういう感動を文字だけで表すってのは難しいもんで。
このぐらい感動させられるものを書きたいなぁ…。
と言う事で、出来たら近日中に恋愛的な感動ストーリーを書きたいです。
うん、まぁそれだけです。
[PR]

by kozoku1 | 2006-06-07 22:51 | 雑談  

英雄(ヒデオ)にはなれない俺らだから

始めに申しておきますと、パロっているのは題名のみです。
予めご了承の上お読みください。あと人名も気にしないで。


9回裏2-3。2死満塁。
監督に呼び出された。
「英雄、いけるか?」
「…はい」
心なしか英雄の声は震えていた。
でも必死にプレッシャーと戦おうとしていたのだろう。
「…よし。皆、気を抜くなよ。」
俺たちにとってはこれが最後だった。
3年連中の最後の試合。甲子園なんて立派なもんじゃないが、大事な試合だ。
思えば俺たちと言っても3人ぽっちだ。
皆は大学勉強でやめていってしまった。
無理もない。大して強くもない、単なる野球好きで出来た部だ。
そんな勝てない部より勉強を優先するのが当たり前だ。
俺だってそうしたかった。でもそういうの、無理だった。
英雄はこの中で飛びぬけてうまい、と言っても他の連中が大してうまくないので
こういう言い方ではなく、スカウトが来るほど、と言ったほうがいいだろう。
なぜそんなスカウトが来るほどの男がいながら勝てないのか、俺でも不思議だった。
でもそんなもの英雄と3,4試合したあたりでわかった。
他が弱すぎるのだ。俺も然り、守備がまるでなってない。
いくらプロでも1人で勝てるはずがない。
そんなこんなで英雄だけは野球という進路が決まっている。
だからこそ英雄にとってこの最後の試合は大事なのだろう。
護児羅(ゴジラ)は単なる野球馬鹿だ。それも大してうまくない。
そんな奴だから勉強したほうがいいんじゃないかと思ったのだが、
この前自分で「勉強なんて引退したあとからで十分間に合うって」と言っていた。
周りは凄い変貌を見せているのに能天気な奴だ。
そんなこんなで、英雄と俺と護児羅の3人のみだ。
9回でこちらがリードしているというのは善戦したほうだった。
しかし9回裏、エラーによる満塁。
英雄は必死に2死まで追い詰めたが、気を張り詰めすぎて疲れている様子が見て取れた。
それでも俺に出来ることはない。大してうまくもない俺は。
実を言えばそのエラーのうちの1つは俺のミスなのだ。
俺が英雄を追い詰めたと言ってもいい。
でも英雄は何も言わなかった。
それぞれ持ち場に戻り試合が再開された。
俺はただぼんやりしていた。
「ボール!」
審判の声で我に返る。
英雄の肩が震えていた。
「ボール!」
コントロールがまるでなってなかった。
監督も心配そうに見ている。これで、いいのか?
「ボール!」
俺にとってはあっという間だった。もうストライクしか許されない。
英雄のプレッシャーは強まる。
別に大した試合じゃないんだ。プロに入ればもっといい試合が出来るはずだ。
なぜそこまで頑張るのか。そこまでプレッシャーを感じてまで。
これで、いいのか?
監督にまた呼び出される。
「本当に大丈夫か?」
「…はい。お願いします!」
全然大丈夫じゃないだろ。顔はやつれて、声も震えて肩も震えて。
持ち場に戻る。英雄のプレッシャーは変わらない。
何かプレッシャーを取り除けるようなうまいこと言ってやれよ。俺。
俺らは、英雄(ヒデオ)にはなれないのだから。
「英雄(ヒデオ)!」



黛は俺に向かってガッツポーズをしていた。馬鹿みたいに。
護児羅は展開についてこれず、呆然としていた。馬鹿みたいに。

                                  END

ヴァ~。なんか同じことを結構繰り返し書いてしまった希ガス。
展開早い気がするし。でもなんか感動風味にしたかったのです(´・ω・`)。
[PR]

by kozoku1 | 2006-06-06 18:59 | 小説  

がばにめんとてくすちゃー

今日があって、明日があることが不思議なことだと、思っていた。


学校へ行って帰ってきて遊んで寝るだけの日常。
今日があって明日があることが当たり前になっていた。
そんな平凡がなくなった。
突然見知らぬ人が訪ねてきた。でもその人は私に用があるようだった。
男は律儀にも名詞を差し出してきた。
「河合…陽一…さん?」
「そうです。あなたは、瑞希凛さんですね?」
「そうですけど…何の用ですか?」
男は難しい顔をしてうつむきながら、少しずつ話し出した。
「これから話すこと、決して冗談だと思わず聞いてください。あなたはどうやって明日があると思いますか?」
「はぁ」
変な宗教の勧誘かと思った。話をまじめに聞くのが馬鹿らしいと思った。
「あなたは、私の明日を奪って明日を生きる。」
「はぁ?」
馬鹿げている。信じるも何もない。狂ってるのかと思う。
「あの、それで?」
「…信じられないのはわかります。私だってあのことがなければ…。でも、本当なんです。
 私には明日がない。あなたには明日がある。私の明日をあなたが奪ったのです。」
「それで、私に明日を返せとでも言いにきたんですか?」
「違います。それは定めです。私には、受け入れることしかできない。」
「じゃあ何のために、そんな馬鹿なことを言いにきたんですか?」
「ただ、伝えたかっただけです。その事実を。それ以外は私にもわかりません…。
 もう少し詳しく、お話します。
 本来、人の命というものは1日のみなのです。そこから、他人の明日を奪って生きていく。
 私も今まで、何百何千もの命を奪ったのでしょう。1年で365人殺しているのですから。
 もっとも、これは聞いたことなので事実かどうかはわかりません。
 でも私は事実だと思っています。」
私はあっけにとられていた。今までこれほどまで異様なことを言う人間は見たことがなかった。
宇宙のパワーがどうだとか小声で呟いている奴や、いきなり意味不明な言葉を大声で叫ぶ奴は見たことがあったが、
1年で365人を殺している? そんな馬鹿を通り越えた話を信じれるわけがない。
「聞いたって、誰にです?」
「俗に言う…死神というものですか…詳しくは教えてくれませんでした。」
「冗談にしては、よく考えてありますね。」
「冗談ではありません。」
「じゃああなたはどうしてそんな馬鹿げた話を信じたんですか?」
「私の妻が昨日、死にました。」
「え?」
「妻は一昨日、私が死神から聞いたことをそっくりそのまま聞いたと言っていました。
 そして本当に妻は死に、偶然だと思っていた私の前にも死神は現れました。
 私は泣くことさえできませんでした。その事実に、呆然とするだけでした。
 死神は私に言いました。親切にも、残酷にも。
 お前は明日死ぬ。瑞希凛の明日になるために。信じるか信じないかはお前の自由だ。
 ただし、それは定め。お前が瑞希凛を殺そうとすれば、お前はそのまま消え果る。ってね。
 ほとんどの人がそれに呆然とし、信じずにいつも通りの日常を過ごし、死ぬのでしょう。
 私の妻もそうでした。でも私は違った。不幸にも、定めのせいで私は事実を受け入れざるを得なかった。
 妻の死をもって。私は少ない時間で考えました。私はどうすべきかと。
 そして、私は事実を、私の明日を奪った者へ伝えることにしたのです。
 私の明日を、妻の明日を無駄にしてほしくはないのです。」
「何それ…」
「あなたは私を恨むかも知れません。こんな話を聞かなければ、その業を背負うこともなかった。
 たとえ恨まれたとしても、ただ1つだけ、後悔をしないでください。無駄にしないでください。
 それでは、私は帰ります。明日には私は消えているでしょう。お別れです。
 馬鹿な話に付き合っていただいてありがとうございました。
 あとは、あなたが私の話を信じてくださることを祈ります。それでは。」
男は帰って行った。少し、あっけない感じがした。
私はベッドに倒れ掛かり、いつの間にか眠っていた。
今日が終わり、明日が来る。
朝陽が差し込んで私の目を覚ます。起きてまず思ったことは、昨日のことだ。
私はふと気付き、名詞を見る。自宅の電話番号がかかれている。
自然と受話器を取り、番号を押していた。
待ちうけ音が虚しくなり、出ないかと思った頃、受話器を誰かが取った。
「はい、河合ですが。」
女の人の声だ。
「あの…陽一さんは…?」
「陽一のお知り合い?残念だけど…」
私はその先がわかった気がした。
「陽一、昨日の夜遅く、突然の事故で…。」
ガチャ。受話器を置いた。
「私が、殺した?嘘だ。そんな話あるわけない。私が1日生きるごとに、どこかで誰かが1人死んでいるなんて。
 今までだってそうだ。1年で365人、一体何人殺したのかわからない。」
自分が怖くなった。その日のうちに、ナイフを手にした。自分の手で首を絞めてみた。
でも、死ねない。定めが自分をあざ笑っているかのように。
それから、ただ日が過ぎた。その分私には重みがかかった。
「河合さんに言われたけど…無理だよ。恨むよ。なんで私なんかに、まだ15歳だっていうのに、
 そんな業背負えるわけないんだ…。私に皆の明日を奪うほど価値があるのかな…。
 明日があることは、不思議なことなんかじゃない…。」
そして、また私を変える訪問者は現れた。
「お前は明日死ぬ。……………」
その後はほとんど聞こえていなかった。
ただ、嬉しかった。非常なまでのその宣告が、私には救いだった。
「私の業は、もう終わり。やっと…楽になれる…。」
久々にぐっすり眠れた。私はもう目覚めることはなかった。
私は、ひどくやつれていた。



※この話に登場する人名は仮想であります。深い意味はないのであります。
それに主人公が女ってのも仕様。手抜きも仕様であります。
[PR]

by kozoku1 | 2006-06-05 20:19 | 小説