本当の叫び…かもしれない

不条理は嫌いだ
辻褄の合わないこと
勝手な解釈
勝手な想像
それをさぞ自分が悪い点を指摘してあげたかのような
嫌いだ
何も見ちゃあいない
人の影を見ただけで全てをわかったかのようにする
何かを知ったわけじゃないのに悪いと言う
不条理だ
人は他人の一部を見ただけで判断する
だからこんなものだめだ

ふざけんな。
お前らが作ったんだ
お前らが作った世の中で
お前らが作った不条理で
それを納得させるために更なる不条理を俺達に押し付ける
その不条理を知ったところでお前らは他人事
イメージダウン?
ふざけたことをぬかさないでくれ
皆笑顔で楽しくいい学校?
そいつは面白そうだな
いや つまらないか
思えば規律なんて言葉は便利なもんだ
全てをこじつけられる
上の身分のやつは下の身分のやつに何も言わせることはない
下の身分のやつはどうすりゃいい
全てを甘んじればいいのか
そして体裁だけを信じる馬鹿なお前らは新しく下の身分にさせるわけか
別に反抗したんじゃない
ただ小さな楽しみを作ってただけだ
それがこの様か
世の中は不条理だらけ
多分これから先もずっと
いつからこの世界は壊れた?
元々か?それともお前らに不条理を見つけたときからか?

お前らへ
全てが皆そうではないのかもしれない。
一部の心無い奴らだけなのかもしれない。
でも一部が全てを知ることになる
それがお前らが作った不条理だ
それでもお前らは何気なく言うんだろう?
何もおかしいことなんてないって
お前らはいつ壊れたんだろう
生まれた時からか?それとも壊れた人間に壊されたのか?
それとも自ら壊したのか?
俺たちは世界を壊す
いつから俺たちが壊れたのかわからない
お前らはその時 なぜ どうして なんて言ってくれるな
これが当たり前の世界なのだから
[PR]

by kozoku1 | 2006-12-14 00:49 | 雑談  

<< 新年は決意の年 叫び >>